慶應医学会
会長挨拶・会則
役員
学会誌
イベント・慶應医学部関連情報
入会案内・会費
会員専用ページ

トップ > イベント・慶應医学部関連情報 > 例会開催情報

例会

慶應医学会では、慶應義塾大学医学部各教室・講座が医学・医療界をはじめ、一般の方を対象に開催する「例会」に対し、運営上の支援を行っております。「例会」では、各教室・講座に招聘された、様々な分野における著名な専門家により、学術的内容に富んだ講演が行われております。是非ご参加ください。

例会開催申込フォーム
※フォームからうまく送れない方は、
  例会開催申込書を記載の上、事務局宛にメールにて
  お申し込みください。

例会開催情報

日付の新しい順から掲載しております


▼2019年8月19日(月)17時00分~NEW
"Transcriptional programs underlying T cell exhaustion: Nr4a limits CAR T cell function in solid tumors"

◆Joyce Chen M.D., Ph.D.
場所:総合医科学研究棟1階ラウンジ
主催:微生物学・免疫学教室
お問合せ:吉村昭彦教授(内線61220)

    

▼2019年7月25日(木)19時10分~
"Graft-versus-Leukemia Reactions: Attempts to elucidate T- and NK-mediated effects at a cellular level"

◆Johannes Schetelig M.D., Ph.D.
場所:1号館3階会議室1
主催:血液内科
お問合せ:岡本真一郎教授(内線62385)

         

▼2019年7月10日(水)17時00分~
"Surgical training and research in the Netherlands"

◆Bas P.L. Wijnhoven MD PhD
場所:1号館2階カンファレンスルーム2
主催:外科学(一般・消化器)教室
お問合せ:北川雄光教授(内線62334)
推薦理由:Dr Bas P.L. Wijnhovenは、エラスムス・ロッテルダム大学の上部消化管領域を専門とする消化器外科であり、食道癌・食道胃接合部癌領域で数々の臨床試験を主導し、ヨーロッパの食道癌治療におけるリーダーの一人です。同大学のsurgical training program directorでもあり、今回、オランダにおける外科医トレーニングシステムについてご講演いただきます。また、非常に質の高い多施設共同臨床試験が施行されているオランダにおける、その組織体系や仕組みなどについても知識を深める事ができる大変貴重な機会となるため、ここに推薦いたします。

例会抄録はこちら

 

▼2019年7月8日(月)18時30分~
"Rapidly evolving strategies for the treatment of liver cancer"

◆Dan G Duda D.M.D., Ph.D.
場所:総合医科学研究棟1Fラウンジ
主催:外科学(一般・消化器)教室
お問合せ:北川雄光教授(内線62334)

    

▼2019年6月25日(火)17時30分~
"Dementia care and research - What a difference a decade makes?"

◆Louise Robinson Professor
場所:総合医科学研究棟2階会議室
主催:総合診療科
お問合せ:藤島清太郎准教授(内線62855)
推薦理由:ルイーズ ロビンソン教授はGP(General Practitioner)としてプライマリケアの臨床の研鑽を積む一方、大学教授として認知症のケアの質の向上を目指す研究において多くの業績をあげられている。
演者略歴:招聘者は1982年にWashington University School of Medicine, Saint Louis, Missouriにて博士号を取得されました。同年以降、Barnes Hospital/Washington University School of Medicine, Saint Louis, Missouriにおいて皮膚科学レジデントを修了され、1986年からは同大学皮膚科のAssistant Professorとして勤務されました。その後、National Cancer Institutes, National Institutes of Health, Bethesda, Maryland皮膚科では1989年〜Special Expert (Investigator)として、1996年〜Senior Investigatorとして、2001〜Chiefとしてご活躍され、2017年以降はWashington University School of Medicine, Saint Louis, Missouri皮膚科においてProfessorとしてご活躍中です。
    
例会抄録はこちら
   


【招聘者の来日が事情により、急遽中止となりました。】
▼2019年6月4日(火)18時00分~
"Editor's Choice: Highlights from the Journal of Investigative Dermatology"

◆Mark C.Udey M.D., Ph.D.
場所:総合医科学研究棟1Fラウンジ
主催:皮膚科学教室
お問合せ:天谷雅行教授(内線62411)
推薦理由:Mark C. Udey博士は現在、Department of Medicine (Dermatology) Washington University School of Medicine, Saint Louis, Missouriにおいて教授として活躍されており、皮膚免疫(antigen presentation and Langerhan cell development and function)に関する第一人者です。最新の研究成果を元に、今回は“Editor's Choice: Highlights from the Journal of Investigative Dermatology”というテーマで講演をしていただく機会に恵まれました。信濃町キャンパスの医学を志す研究者にとって非常に興味深く、有意義な講演となりますのでここに推薦いたします。
演者略歴:招聘者は1982年にWashington University School of Medicine, Saint Louis, Missouriにて博士号を取得されました。同年以降、Barnes Hospital/Washington University School of Medicine, Saint Louis, Missouriにおいて皮膚科学レジデントを修了され、1986年からは同大学皮膚科のAssistant Professorとして勤務されました。その後、National Cancer Institutes, National Institutes of Health, Bethesda, Maryland皮膚科では1989年〜Special Expert (Investigator)として、1996年〜Senior Investigatorとして、2001〜Chiefとしてご活躍され、2017年以降はWashington University School of Medicine, Saint Louis, Missouri皮膚科においてProfessorとしてご活躍中です。

         

▼2019年5月10日(金)17時00分~
"Mutual inhibition between Prkd2 and Bcl6 controls T follicular helper cell differentiation."

◆Takuma Misawa PhD
場所:東校舎1階会議室
主催:微生物学・免疫学教室
お問合せ:吉村昭彦教授(内線61220)

        

▼2019年4月16日(火)15時00分~
"Stem cells of the suture mesenchyme in craniofacial bone development, repair and regeneration"

◆Takamitsu Maruyama PhD
場所:総合医科学研究棟2階会議室
主催:共同利用研究室(細胞組織学)
お問合せ:松尾光一教授(内線62580)

例会抄録はこちら


▼2019年3月28日(木)19時00分~
"Latest in Cervical Deformity Techniques and Research"

◆Christopher Ames M.D.
場所:臨床研究棟1階ラウンジ
主催:整形外科教室
お問合せ:松本守雄教授(内線61637)

   

▼2019年3月11日(月)18時00分~
"Training the Psychiatrists of the Future."

◆Deborah L. Cabaniss M.D.
場所:総合医科学研究棟1Fラウンジ
主催:精神・神経科学教室
お問合せ:三村 將教授(内線64747)
推薦理由:演者はコロンビア大学精神医学教室の研修プログラム副責任者を担っており、海外での卒後研修の実態や取り組みの工夫などを学ぶことにより、本学における質の高い教育研修プログラムの開発に貢献し得るため。
演者略歴:Deborah L. Cabaniss, M.D. is Clinical Professor of Psychiatry at the Columbia University College of Physicians and Surgeons and the Director of Psychotherapy Training in the Department of Psychiatry at Columbia. In that role she teaches psychodynamic psychotherapy to residents and coordinates teaching and supervising of all psychotherapy in the residency. She is the winner of numerous teaching awards, including the Edith Sabshin award from the American Psychoanalytic Association and teacher of the year awards from residents and candidates at Columbia. She has published numerous articles related to psychoanalytic and psychiatric education and has just finished a term on the editorial board of the Journal of the American Psychoanalytic Association. She is also a Training and Supervising Analyst at the Columbia University Center for Psychoanalytic Training and Research. She is a graduate of Yale University and the Columbia University College of Physicians, and she completed her psychoanalytic training at Columbia. She has conducted faculty workshops for the Baltimore/Washington Center for Psychoanalysis, the Washington Center for Psychoanalysis, The St. Louis Psychoanalytic Institute, and the Albert Einstein department of psychiatry. In October 2009, she was the Teichner scholar-in-residence at the Vanderbilt Department of Psychiatry. She is currently writing a book on psychodynamic psychotherapy for residents and trainees that will be published by Wiley Blackwell.


▼2019年1月30日(水)18時00分~
"Clinical Studies in Wolfram Syndrome and Neonatal Diabetes."

◆Bess Marshall M.D.
場所:1号館3階会議室2
主催:小児科学教室
お問合せ:山岸敬幸教授(内線61220)
演者略歴:MO, State Medical License , 1990
        American Board of Pediatrics , 1991
        American Board of Pediatrics, Endocrinology , 1995


▼2019年1月30日(水)17時00分~
"Make and measure T cell responses better"

◆Naoto Hirano MD,PhD
場所:JKiC1階会議室
主催:微生物学・免疫学教室
お問合せ:吉村昭彦教授(内線61220)


例会開催情報に関しましては、下記もご参照ください:
http://www.med.keio.ac.jp/research/

過去の例会開催情報

過去の例会開催実績は次の通りです:

会長挨拶・会則 | 役員 | 学会誌 | イベント・慶應医学部関連情報 | 入会案内・会費 | 会員専用ページ | お問い合わせ | サイトマップ

Copyright © The Keio Medical Society. All rights reserved.

慶應義塾 慶應医学会 お問い合わせ